【RG-O MAG VOL.1】 RG-O ECU でAP2のパワーバンドの狭さを改善

メリハリある加速感を獲得

S2000、AP2の決定的なウイークポイントと言えば、VTECの切り替えポイントが6000rpm、レブリミットが8000rpmとパワーバンドが極端に狭いこと。これでは、エンド付近の頭打ち感がストレスになり、HONDA F20Cエンジンの潜在する能力を引き出すことができない。

そこで、RG-OではECUを書き換えることによって、VTECポイントを5500rpmに引き下げ、レブリミットを8500rpmに引き上げ、両方で1000rpmの余裕を生み出すことが可能。同時に点火時期と電子スロットル制御のリセッティングをすればさらなるパンチとダイレクト感も手に入る。

ECU書き換え後の実際のドライブフィールは、パワーバンドが拡大されて気持ちいい吹け上がりを楽しむ余裕が生まれ、メリハリのある加速感を獲得できる。

REV 、VTECポイントは希望により変更可能

F20Cは低速トルクがないとよく言われることがあるが、生産車としては他に類を見ない高回転エンジン。トルクがないと感じるのは、すべての4気筒エンジンの弱点でありVTECエンジンの泣き所でもある4500~5500RPMにある落ち込みが一番問題と言える。

ノーマルのパワーカーブを、そのまま上に持ち上げることはメーカーの安全マージンを少し削ってやるだけで達成できる。だが、それでいいのだろうか? パワーもトルクも上がるとは言え、そのままでは、ノーマルと大差のないフィーリングになってしまう。

RG-Oでは、トルクの落ち込みをなくすため、まずは点火時期のみを変更したデーターを作り実走テストに入る。次にサーキットでの区間タイム及びドライバーフィールを向上させるため、複数のECUを製作し2名以上のドライビィングスタイルの異なるドライバーでテストを重ねていく。

●RG-O 仕様合わせECU ■適合:AP2 S2000 ■価格:¥98,000(税別)

使用中のパーツ、走行ステージ、好みのフィーリング(高回転、ハイレスポンス、中低速トルク等)に合わせ一台づつオーダーメイドにより作製いたします。レブリミット 、VTECのポイントは希望により変更可能です。


合わせてこちらの記事もお読み下さい

S2000 セッティング

少し前になりますが、デモカー AP2 を鈴鹿で集中テスト 前々から懸案事項のスタビを3パターン なかなか興味深 続きを読む…

コメントなし

“【RG-O MAG VOL.1】 RG-O ECU でAP2のパワーバンドの狭さを改善” への1件のコメント

  1. VTECポイントとレブリミットの変更により、十分なパワーバンドを確保できます。燃調、点火、電子制御スロットルの調整によりパンチのある加速を獲得できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です